日々の出来事や思う事をきままに不定期更新で書いています。  メールはこちらまで kai_serenoあっとyahoo.co.jp   
by kai_sereno
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
人も犬も猫も8020運動。
一部の方はご存じかと思いますが。。。。。
セレは先週2才4ヶ月で歯石除去をしました。




普通は歯石除去にはまだ早い年齢(一般的には3〜4才の間に一回歯石除去した方が良いと言われているようです。)、しかし歯茎からの出血が結構あった事、そしてかなり口臭が気になったので取り敢えず一度見てもらおうかな?と軽い気持ちで病院に行ったら、奥歯が歯肉炎になっててそこには歯石もかなり付いていて予防検診どころではなくなってしまったのです(T.T)。
これは全部飼い主の責任です。。。。。(>_<)
今までのハブラシのブラッシングの仕方が悪かった事、ハミガキの頻度、そして歯茎からの出血を軽視していた事が全て悪かったんです。
ブラッシングの仕方はすごーく重要な事を学習した我が家、手術後は当然ですが毎日がんばってやってます。

そこでハミガキのポイントを書いておきます(イタグレ用)。

1、子供用ハブラシでもヘッドが小さめな物(乳幼児用がベスト)を使う。
2、ハブラシの毛の固さが重要(毛先が細くて柔らかめの物を使う)。
(例えば自分で自分の歯を磨く時には磨き方の調整は自分で出来ますよね?でも犬は人にやって貰うので自分でハブラシの当たりの強いなどの調整は出来ません。どうしてもやる側の人間が犬の口の中でのハブラシの当たりの感覚が分からないのでかなり強く磨いてしまうようです。それが歯茎を痛める原因になります。)
3、人間のハミガキと要領はまったく一緒です、小刻みに細かくブラッシングして歯茎に対するハブラシの角度は45度、歯を磨くと言うより歯茎に当てて歯茎と歯の間のポケット部分から食べ物のカスを掻き出すような感じ。
4、何も付いてない乾いたハブラシでは絶対磨かない、これは歯茎を痛める原因の最たる事になります。
5、食べカスは3日〜5日で歯垢から歯石になるので、ハミガキは1日一回を心がける事。

今回先生に聞いてきたハミガキ方法はざっとこんな感じだと思います。

良くガーゼを指に巻き付けてハミガキ行為をするのでも充分とおっしゃる先生がいますが、それも歯の表面をこすってるだけで歯茎の中にたまってる食べカスは取れる訳ではないので、その行為は歯茎が健康で歯石や歯垢がたまってない犬には有効かも知れないけど、独特の口臭を犬の口から感じたらもう既に歯垢がたまってるサインだからガーゼでやるのはほとんど無意味らしいです。
ガーゼなどを使うのはあくまでも、ハミガキに慣れさせる為(飼い主が口の中に指を入れたり、ハブラシとか口に入っても我慢できるなど)の練習には良いからガーゼで慣れてきたらハブラシに早期に移行するのが良いとおっしゃってました。

ところで話がちょっとそれますが、うちの御年12才の海さんですが歯!まだ3〜4才ぐらいのきれいさだそうです(‥;)。
ちょうどセレの歯石除去の翌日海も病院に連れて行ったので見て貰いました。
加齢による歯の変色はありますが歯の状態はかなり良く、歯石除去もしなくて良いし一年に一度一ヶ月くらい歯石予防のフードを食べさせてるのですがそれで充分、まだまだ当分このままでいけるだろうとの事でした。
海にハミガキなんて一度もした事有りません、12才だけど口もそんなに臭くないし、マズルの形や頭の骨格などが違うだけでこんなに違うもんなんでしょうかね〜。
あ〜猫って楽チンですわっ。

ともかくこれからはセレの歯をなるべくきれいな状態で保ってあげたいと思います、どんなにがんばっても又数年したら歯石除去はしないといけないと思いますが、なるべく次回のその時期が延ばせるようにがんばろうと思います〜(~_~;)。




d0021771_1241266.jpg

スケーリング前。
分かりますか?奥歯が大分茶色くなってます、そして奥歯の歯茎も炎症を起こして赤みがかってしまってます。

d0021771_12413927.jpg

スケーリング後。
歯は子犬の時のような白さ、歯茎も健康的なピンク色になってます。
あの地獄谷巡りのような口の臭さもまったく無くなりました、ほぼ無臭です(^O^)v。
[PR]
by kai_sereno | 2006-03-07 12:39 | D&C health
<< 規則正しい生活 お腹に優しいおやつ。 >>